日記&育児


by otoutomaatyan

カテゴリ:キックボードDE白浜珍道中( 10 )

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ押してから読んでね~❤

岩出神社を出発し山道へ

風吹峠より坂の勾配は緩いものの日が暮れてきた

街灯も無く真っ暗闇

一寸の光も無い

地図を見ようにもどこをどう走行しているのか全くわからず約3時間山道を彷徨い続ける

精神状態が極限を越えようとしたその時、街の明かりがぼんやりと見え始めた

心の底から「ホッ」とする

とにもかくにも先ずは腹ごしらえ

今後も街の明かりが無くなる可能性が高いのだ

ドロドロの服にキックボードをかついだ髭面の男たちの出現に店内が凍りつく

店員も「出て行って下さい」と言いたげな顔で注文を聞きにきた

ハンバーグ、スパゲティー、デザート、ビール・・・

テーブルは料理で溢れかえるも空腹に詰め込めるだけ詰め込むと瞬く間に無くなった
b0169874_111642.jpg

お会計は割り勘で3500円也

食った!食った!!満腹だぁ~❤



レストランを出発して三度、峠道へ

食えば当然眠くなる

睡魔と闘いながらキックボードを進める

真後ろを走行していたまさが

「黒豹Jが突然消えた」

と騒ぎ始めた

人が突然消えるということは物理的にはありえない

黒豹Jを休息がてら待つことにする

10分後・・・  黒豹Jはやってきた

キックボードのライトの位置を走行しながら直そうとしたらバランスを崩して大転倒したらしい

皆さんもご自宅にキックボードがあれば試乗してほしいのだが
キックボードの片手運転は自転車と違い極めて難しい

疲れ切った肉体が黒豹Jの思考能力を蝕み片手運転のままライトを動かすという無謀な行為を誘発したのだ

ここまで来てケガでもしたら今までの苦労が水の泡・・・

ぼく達は気を引き締めなおした




読んだら押してねぇ~❤人気ブログランキングへ
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-05-13 01:49 | キックボードDE白浜珍道中
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
風吹峠を下り終えると13時過ぎだった

峠だけで5時間費やしたのか

不眠不休に加え疲労度も限界

おまけに夜、走行するのと違いキツイ日差しがぼく達の体力を奪う

それでも地面を蹴り続けるしかない



巨大な川の出現

紀ノ川だ

下流で川の水は汚く、もちろん誰も泳いでいないが・・・

泳ぎてぇ~!!!!!

ヘドロで濁りまくっている水が神々しく感じられ鼻につく悪臭もなんだか心地よい

誰が止めることなく5人全員泳ぎ始めていた

一日分の溜まった汚れが落ちたように感じたが実際のところは入水前より汚れていた

b0169874_10194485.jpg


紀ノ川で身を清めた後、体を癒すため仮眠できる場所を探す

近くに神社があったので横になる

携帯電話のアラームを2時間後にセット

起きれるか不安だったが・・・   2時間後きっちり目が覚めた

体調も少し回復

睡眠は大事だな~とつくづく思う

と、同時に激しい腹痛にみまわれた

ヤバイ・・・    いや相当ヤバイ・・・   ヤバ過ぎる031.gif

神社から飛び出トイレを探すが、無い

駅の看板が目に入る     線路もある

駅のトイレを借りるべく線路内に立ち入り見渡すも駅はなくどこまでも線路002.gif

何故こんなところに駅の看板のダミーがあるのか???

というかもう限界

民家に戻る余裕は無く、漏らせば白浜までの長い道程にかなりの支障をきたす

反射的に草むらに飛び込み用を足す

楽しそうに帰宅する女子高生に見つからないようグッと身をかがめながら・・・



       皆の投票で54位❤人気ブログランキングへ一日一押しありがとネ
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-05-05 10:36 | キックボードDE白浜珍道中
20分ほど歩いても「クリーンセンター」は見えてこない

疲れ果てた5人は座り込む     険悪な雰囲気・・・

「やっぱトンネルくぐっといた方が良かったやん!!」
「誰やねん!ここ登ろうって言った奴は022.gif

暫しの沈黙・・・・・・

ここまで登ってしまってはトンネルまで戻る気力もない

一縷の希望を胸に一向は再び登り始める

すると建物らしきものが見えた! ついに見つけたのだ!!




クリーンセンターの人に峠をこえるにはどうすればよいか尋ねる

すると、ここは行き止まりで峠を越えるにはトンネルをくぐるしかないと言う

マジかぁ・・・    愕然・・・・・・020.gif

が!!!一つだけ抜け道があるとのこと

おっさんが指さした道なき道をひたすら歩く

ボロボロの火葬場をすり抜け、生い茂る草むらを必死にかきわける

そしてついにトンネルの向こう側へ出るも・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

続きを読むならコチラをクリック
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-05-01 01:26 | キックボードDE白浜珍道中
b0169874_059663.jpg


死にものぐるいで頂上に辿り着いた5人はその光景に愕然とする

車がすれ違うのでギリギリ・・・   歩道無しトンネルのお出まし

トンネルの向こう側の景色はこちらからでも見渡せる

勇気を出せば行けないことはない距離   ただ・・・

何しろ交通量も車の速度も半端ない

思い切って突っ込んで万が一トンネル内で車が来てしまったとして電灯も無い中ぼく達を発見し避けてくれるだろうか??

その可能性は極めて低い

ここで命を懸ける必要は全くといって無い



迂回路はないのだろうか

地図を広げてみるとトンネルは頂上ではなく更に登った所にクリーンセンターという施設を見つける

周りを見渡すとそれらしき道はあるも今までの上り坂より急坂

「また・・・   登るのか・・・」

でもトンネルを強行突破して命を落とすよりマシだ

一同登り始めるも10分経っても20分経っても施設などこれっぽっちも見当たらない

「この先、何も無かったら・・・・・・」

不安が募る008.gif                                続く







       皆の投票で82位人気ブログランキングへ一日一押しありがとネ
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-24 01:23 | キックボードDE白浜珍道中
b0169874_21402652.jpg

いよいよ和歌山県が近づく

ぼく達が通ってきた道から和歌山県へ入るには2つの選択肢があった

海沿いに平坦な道を進むか、目の前に聳え立つ山を越えていくか・・・

地図で見る限り海沿いコースはとんでもない遠回り

それに引き換え山越えは見事なほどの直進コース

走行距離のみで判断すれば山越えは天国、海沿いは地獄に見える

地図で見る限り楽そうな山越えコースを進むことで全員一致   がっ・・・

それは過酷な旅の幕開けとなる

坂の傾斜がキツいであろうことは予見していたのだが、何と歩道が無い!

車が来ても自分の居場所が確保できないのである

交通量もかなりのもので殊に大型ダンプが頻繁に通り、その度に車道の端の端まで身を潜める

車の流れが収まるのを見計らいキックボードを肩にかついで全力で走る(傾斜が半端なくキツくキックボードをこぐよりも自分の足で走った方が早い  重装備の登山である・・・)

いつしか後ろの者が背後に車の気配を感じると
「車が来たぞぉ~~~!!!」 と叫び
声が聞こえるや反射的に車道の端へ逃げるというチームプレイが完成

この様はライフルをかつぎ険しい山道をひた走る自衛隊の特殊訓練そのものだ(多分・・・)

約2時間の反復運動の最中、草陰に隠れた溝に転落する者もいたが、どうにかこうにか山頂のトンネルまで辿り着くも更なる試練が5人を襲う                 
                                                続く
      一日一回連打して♡人気ブログランキングへ清き一票ありがとネ




[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-19 22:27 | キックボードDE白浜珍道中
b0169874_1182952.jpg

                         
                  上図クリックで拡大するよ
     一日一回連打して♡人気ブログランキングへ清き一票ありがとネ


泉南市に差し掛かった頃、黒豹Jは犬に追いかけられていた。民家の入口から突然飛び出てきたらしい。
が、生まれもった野生のスピードで難なく犬を置き去りにすると、諦めきれない犬はアパッチに矛先を変え襲いかかった。一部始終を大笑いしながら見つめていたアパッチは突然の出来事に暫し茫然とするも今置かれている状況を把握すると必死の形相で逃げ始める。
更に犬はアパッチよりもスピードの遅い120kgの横綱を最終ターゲットに絞り約200m追いかけ続けた。

全速力で逃げることにより無駄な体力を使ってしまったことが後々響かないことを祈る

p.s.しかし犬に追いかけられるって、こんなマンガみたいな事が10年前は起こりえたんですね・・・

現在だったら放し飼いにしてる時点で飼い主にそれ相応の責任がかかるんちゃうかな???



[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-16 01:39 | キックボードDE白浜珍道中
出発してすぐ親友のアパッチがけたたましい音をたててコケた。肩を強打したようでとても痛そうだったがコケ方が面白かったので大爆笑してやった037.gif

バチは当たるもので大和川目前の上り坂でチョット気を抜いた瞬間バランスを崩し顎からダイレクトで大ゴケ!あまりの激痛に暫し立ち上がることが出来なかった。
b0169874_23445456.jpg

鶴見区花博道沿いにあるレストランGで遅い夕食&決起集会を開き出発してからかれこれ6時間が経ち、ビルの谷間からうっすらと朝日が顔を覗かせた。夜の涼しい内に走行距離をかせぐ為ペースを上げていたおかげで皆、疲労が蓄積。誰一人、自分から喋りかけることなく、黙々と地面を蹴り続ける。

人気ブログランキングへ

りんくうタウンに入り事件が起きた。黒豹Jのキックボードのタイヤのネジが車輪から外れ地面に転がり紛失。これではタイヤが回らず走行不可能。
「ここで終わりか・・・  ホッ016.gif

かなり嬉しい不安が心を過ぎる。が、僕の心とは裏腹に皆ネジを探し始めるでは無いか!?

「お前達アホか?ここで終わりでええやん。6時間走ったことは皆に自慢できるし止めることも決して恥ずかしいことじゃない。電車で帰ってのんびり楽しい週末迎えようやないか!!!」と思いつつ僕もネジを探すフリをする。

そして5分後・・・   あえなくネジは見つかった。   見つかった瞬間心の中で100回、、、いや、100万回
「馬鹿野郎!!!!!」
と叫んだ。

僕が見つけていたなら、そこら辺の溝に落とし再起不能にしてやったものを031.gif


先の見えない旅が再開された。

只今の時刻7:00    あ~   眠い・・・・・・                   [続く]



[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-15 00:30 | キックボードDE白浜珍道中

完走した5人の強者

長い長い白浜キックボードの旅は参加人数5人中全員完走というハッピーエンドで幕を閉じました!
ここで簡単にメンバー紹介したいと思います

b0169874_20433137.jpg


どこでも寝まっせ   おとう   アイテム=栄養ドリンク剤
さすらいのナンパ師 アパッチ  アイテム=おにぎり
人間と獣のハーフ  黒豹J   アイテム=黒革の手袋
キックボードブレイン  ま さ    アイテム=ボロボロの地図
 破壊王     横綱    アイテム=スペアタイヤ





次回予告 キックボードDE白浜珍道中 in大和川


 人気ブログランキングへ
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-06 21:09 | キックボードDE白浜珍道中
b0169874_2329599.jpg

                         
                  上図クリックで拡大するよ
絵じゃ見にくいかもしれないので頑張って打ち込みま~す021.gif

西暦2000年7月22日(土)0:00鶴見区花博道スタート!!→中央区森之宮→浪速区大国町(1:45)→住之江区大和川→堺市(2:50)→高石市(3:30)→泉大津市→岸和田市(4:20)→貝塚市(5:20)→泉佐野市、りんくうタウン(7:00)→泉南市(8:50)→風吹峠(3時間かかって峠を越える)和歌山県へ→岩出町(12:00)スーパーDで昼食&Uで着替えの服を買う→紀ノ川(泳ぐ)、岩出神社で仮眠(18:00出発)貴志川町→海南市(19:00)峠道で迷った。真っ暗闇で何も見えず心底怖かった→レストランGで遅い夕食(21:30)→下津町(7月23日(日)突入)→有田氏→箕島駅で仮眠(1:40~4:00)→吉備町(5:20)→湯浅町(5:30)強烈な山越え→広川町→由良町→日高町(山登りが続く)→御坊市(8:40) トラブル発生(9:30) じゅんピッピ救援→印南町(12:00)昼食、寿司食う(13:00)→切目川(寝過ごす17:00、皆を叩き起こし出発)→南部町(17:20)→田辺市(17:50)→白浜町(19:30)
43時間30分かけて5人全員完走
白浜温泉街(20:20)で丸二日分の汚れと疲れを癒す→飯を食いじゅんピッピCARで出発(22:30)爆睡7月24日(月)2:00おとう宅到着(じゅんピッピはここから更に2人送り自宅に辿り着いたのは4:00頃だったらしい。ホントお疲れ様)

もちろん帰宅した数時間後には普通通り仕事が有り、黒豹Jは、ものの見事に遅刻し、課長にエラく怒られていたのを現在でも思い出す・・・

次回予告:完走した5人の強者
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-05 00:17 | キックボードDE白浜珍道中
これ、実話です
キックボードが流行り出した頃で第一回が大阪(鶴見区)-姫路 第二回が大阪ー白浜 第三回が大阪ー敦賀 第四回が大阪ー名古屋 第五回が大阪環状線竹馬一周(大失敗)
その他にも「大阪ー岡山ママチャリ横断」 「しまなみ街道ママチャリ縦断」 「六甲全山縦走」etc・・・
独身時代は「男であることを思い出す」為に色々やりました
キックボードに関しては一回目の大阪ー姫路が100km強でしたが一番辛く、二回目の大阪ー白浜がハプニング続きで、めちゃめちゃ楽しかった
三回目以降はキックボードに乗ることに慣れてしまい何の変哲もなく無味無臭といった感じ(それでも200km制覇している)

その中でも一番楽しく印象に残っている大阪ー白浜200kmの模様を少しでも、わかりやすく連載出来たらな、と思う次第です 暇だったら見てね~

次回予告 キックボードで大阪ー白浜200kmの軌跡
 
[PR]
by otoutomaatyan | 2009-04-03 00:59 | キックボードDE白浜珍道中